• カレンダーのアイコン ご予約はこちら
  • 電話のアイコン 043-306-9705

背中の痛みでお悩みの方へ

背中の痛み(背部痛)によくある症状

  • 胸や背中の特定の部位で局所的な的な痛みがある

  • 胸や背中の痛みが動いたり深呼吸をしたりすると痛みが強くなる

  • 痛みの放散痛が背中から胸にかけて横に真っすぐ走る

  • 背伸びをすると痛みが出現する

背中の痛みの症状とは?|稲毛区 稲毛にこぐさ鍼灸整骨院

背中の痛みは多岐にわたる原因により引き起こされ、その症状は痛みの性質や部位によって異なります。背中の領域は首から仙腸部にかけて広範であり、この症状は急性または慢性のものとして現れ、痛みの程度や持続時間も異なる特徴を持っています。

症状の種類には、局所的な痛み、放散痛、刺すような痛み、痺れ、筋肉のこわばり、そして動作によって悪化する痛みなどが含まれます。これらの症状は、その発生メカニズムや根本的な原因に応じて異なり、正確な診断が重要です。

筋肉や腱の問題が一般的な原因として挙げられます。運動不足、不適切な姿勢、急激な運動、または長時間同じ姿勢を維持することがこれらの問題を引き起こす主な要因です。特に、背中の筋肉が弱いと、周囲の組織に過度な負担がかかり、それが痛みを引き起こす可能性があります。

椎間板の問題も一般的な原因として考えられます。椎間板ヘルニアや椎間板の変性は、脊椎の柔軟性と衝撃吸収の機能を果たしている部位で問題が生じることにより、神経に圧迫をかけ、痛みやしびれが生じます。

脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭くなり、神経組織に圧迫がかかる症状です。この状態により、背中や下肢に痛みやしびれが生じ、特に加齢や椎間板の変性が原因として考えられます。

関節炎や炎症性疾患も背中の痛みを引き起こす可能性があります。これらの疾患は関節や周囲の組織に炎症をもたらし、痛みや可動域の制限をもたらします。

内臓疾患による背中の痛みも考えられ、心臓疾患や肺疾患がその代表例とされます。心臓疾患の場合、放散痛が起こり、これは緊急の医療対応を必要とする可能性があります。

背中の痛みの原因は筋の緊張、関節や神経も問題、内科的疾患などさまざまです。診断には詳細な評価や画像検査、知識が必要です。自己判断や自己治療を避け、経験豊富な稲毛にこぐさ鍼灸整骨院にご相談ください。

**さんにおすすめのメニュー Recommend Menu

背中の痛みの原因とは|稲毛区 稲毛にこぐさ鍼灸整骨院

背中の痛みは多岐にわたる要因に起因する複雑な症状であり、特に筋肉の緊張や猫背といった姿勢異常がその主要な原因の一部を占めます。背中の筋肉が長時間にわたって緊張し続けることは、一般的な背中の痛みの原因の一つです。運動不足、持ち上げる重い物、不適切な姿勢などが、背中の筋肉に負担をかけ、これが緊張を引き起こす可能性があります。筋肉が過度に緊張すると、血液循環が悪くなり、痛みやこわばりが生じることがあります。

姿勢異常は背中の痛みの一般的な原因とされています。特に、猫背や前かがみの姿勢は背中の筋肉や椎間板に不自然な負担をかけ、脊柱に歪みをもたらします。長時間同じ姿勢を続けることで、特定の筋肉が弱まり、他の筋肉が過度に緊張することがあり、これが背中の痛みを引き起こす要因となります。

椎間板は脊椎の骨と骨の間に位置し、柔軟性と衝撃吸収の機能を果たしています。椎間板が変性したりヘルニアになると、神経に圧迫をかけ、背中の痛みや放散痛、しびれが生じることがあります。これは長時間の不適切な姿勢や姿勢の急激な変化が原因となることがあります。

背中の筋肉が十分に発達していないと、脊椎をサポートする役割が果たせず、背中の安定性が損なわれることがあります。運動不足による筋力の低下は、特に座位や立位を維持する際に、背中の負担が増加しやすくなります。

ストレスや精神的な負担も、背中の筋肉の緊張や痛みの原因となります。ストレスが長期間続くと、筋肉が緊張しやすくなり、これが背中の不快感や痛みにつながることがあります。

腰椎と背中は密接に関連しており、腰椎の問題が背中の痛みに影響を与えることがあります。腰椎椎間板ヘルニアや腰椎管狭窄症が原因で腰痛が生じると、その影響が背中にも及ぶことがあります。

背中の痛みは様々な疾患や慢性病にも関連しています。例えば、関節リウマチ、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症などが挙げられます。これらの疾患は背中の組織や構造に損傷を与え、痛みを引き起こすことがあります。

総じて、背中の痛みは単一の原因ではなく、複合的な要因によって引き起こされることが一般的です。姿勢の改善や定期的な運動、ストレッチ、ストレス管理などが、背中の健康維持に効果的な対策となります。症状が持続する場合は、経験豊富なにこぐさ鍼灸整骨院にご相談ください

 

 

 

 

 

 

 

背中痛みの治療法とは|稲毛区 稲毛にこぐさ鍼灸整骨院

稲毛区のにこぐさ鍼灸整骨院では、「骨盤矯正」「猫背矯正」「筋膜リリース」「ハイボルテージ」などの治療方法を組み合わせて、背中の痛みや不快な症状の改善を目指しています。そして痛みやしびれなどの不調の根本原因を追究し症状の解消に適切な施術を提供することを信条として日々の治療にあたっております。早期の治療を行い、患者が快適な日常生活を送れるようにサポートします。背中の痛みは軽視せず、適切な治療を受けることが大切です。痛みやシビレの原因である姿勢や筋肉の柔軟性を改善し、早期の治療を行って行きます。

背中の痛みの初期段階 、「首の張り、肩こり」などの症状が出た際は、症状改善ストレッチや身体の状態に合わせたストレッチ法など持続していくことで少しずつ負担を軽減させます。そして、稲毛区のにこぐさ鍼灸整骨院は背中の痛みに対し電気療法や手技療法、運動療法を行います。背中の痛みは繰り返しによる症状になりかねないです。そのため、普段からの姿勢やストレッチを行い家庭でのケア方法もしっかりご指導させていただくことで正しい姿勢や過ごし方の改善など根本治療を目指します。 

よくある質問 FAQ

  • 背中の痛みを予防するにはどうすればいい?
    自宅で簡単にできることとしては、しっかり入浴し体を温め、ストレッチ等で筋肉をほぐすことが挙げられます。姿勢の改善も予防の一つです。当院では骨盤矯正や猫背矯正または硬くなった筋肉を鍼や電気療法などでほぐすアプローチもおすすめしています。
  • 背中の痛みが内蔵疾患かどうかの見分け方は?
    背中や腰以外の部分にも痛みの他に症状があるかどうかがポイントになります。発熱や吐き気、倦怠感などが続く場合は、内臓疾患が原因の可能性があるため速やかに内科を受診しましょう。背部痛とともに足にしびれが出る場合は椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などが疑われます。
  • 背中の痛みがあるときに避けたほうがいい動きは?
    高いインパクトの運動や重量挙げなど、背中に負担がかかる運動は避けるべきです。代わりに、水泳やウォーキングなどの低負荷の運動がお勧めです。

著者 Writer

著者画像
代表・院長:佐藤 良太(サトウ リョウタ)
生年月日:1985年6月1日
資格:柔道整復師(国家資格)
はり師(国家資格)
きゅう師(国家資格)
スポーツリーダー(日本体育協会)
柔道整復師専科教員 (全国柔道整復学校協会)
柔道整復実技審査員(公益社団法人研修試験財団)
レディース予防医学指導士(女性のための健康医療研究会)
ひとこと:多くの臨床経験から患者さん一人ひとりにあった施術方針を組んでいきたいと思います。
またスポーツトレーナーとしても活動していますので、スポーツでのケガ、コンディショニングからトレーニング方法までもアドバイスしていきたいと思います。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:稲毛にこぐさ鍼灸整骨院
住所〒263-0051 千葉市稲毛区園生町382-25
最寄
◆JR:稲毛駅
◆モノレール:スポーツセンター駅

京成バス山王町行き、千葉センター行き、またはザ・クィーンズガーデン行きに乗車
「オーツーパーク」下車、バス停より直進150m。左手の青い建物。
駐車場:あり 4台(院の隣にございます。)
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
15:00〜
20:00
~17:00 -
定休日:祝日

【公式】稲毛にこぐさ鍼灸整骨院 公式SNSアカウント 稲毛にこぐさ鍼灸整骨院ではTwitter・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛にこぐさ鍼灸整骨院 公式SNSアカウント 稲毛にこぐさ鍼灸整骨院ではTwitter・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛にこぐさ鍼灸整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中