• カレンダーのアイコン ご予約はこちら
  • 電話のアイコン 043-306-9705

変形性膝関節症

変形性膝関節症によくある症状

  • 正座をすると膝が痛む

  • 階段の下りで膝が痛む

  • 歩きすぎると膝の内側が痛くなる

  • 立ち上がり、動きはじめに膝が痛む

変形性膝関節症の症状とは?|稲毛区 稲毛にこぐさ鍼灸整骨院

変形性膝関節症(Osteoarthritis of the Knee、)は、膝関節の軟骨の劣化や変性が進行し、痛みや機能障害を引き起こす慢性的な疾患です。以下に変形膝関節症の主な症状を詳しく説明します。

まず、変形性膝関節症の初期症状としては、膝の関節部分での軽度な痛みやこわばりが挙げられます。特に長時間の静止状態や運動後に症状が現れ、最初は軽度なのが一般的です。関節の可動域が制限され、膝を曲げ伸ばす動作が難しくなることもあります。

進行すると、痛みが増強し、特に膝関節の荷重時や階段の上り下り、長時間の立ち仕事などで痛みが激しくなります。また、変形性膝関節症における特徴的な症状としては、膝の腫れや炎症があります。関節内の炎症が軟骨をさらに損傷させ、痛みを引き起こす一因となります。

さらに進行すると、軟骨の摩耗が進み、関節面が変形することで膝の形状が変わります。変形した関節は、正常な関節運動が阻害され、膝が安定しづらくなります。この段階では、膝がうずくような痛みが持続し、日常生活の様々な動作が制約されることがあります。

変形性膝関節症の影響は単なる身体的な症状だけでなく、患者の心理的な側面にも及びます。慢性的な痛みや運動制約により、生活の質が低下し、うつ病や不安症状が現れることもあります。また、変膝症は加齢とともに進行しやすく、高齢者によく見られる病態です。

症状の進行を抑制し、患者の生活の質を向上させるためには、早期の診断と治療が重要です。患者さんご自身も、適切な運動や体重管理、関節への負担を軽減する生活習慣の改善が求められます。

 

**さんにおすすめのメニュー Recommend Menu

変形性膝関節症の原因とは|稲毛区 稲毛にこぐさ鍼灸整骨院

変形性膝関節症は、関節軟骨の変性と関節周囲の組織の変化を特徴とする慢性的かつ進行性の疾患です。変形性膝関節症の原因は多岐にわたり、遺伝的、環境的、生活習慣、外傷などの要因が複雑に絡み合っています。

まず、加齢が変形性膝関節症の発症に関与します。関節の組織は新陳代謝が比較的緩慢であり、加齢による組織の変化が蓄積していくことが、変形性関節症の発症に寄与します。また、遺伝的な傾向も原因とされ、特定の遺伝子の変異が関節の組織に対する感受性を高め、リスクを増加させる可能性があります。ただし、遺伝的な要因だけでなく、環境的な要因も影響を与えます。

関節への外傷も変形性膝関節症の発症に関連しています。急激な外傷や微小な損傷が関節に加わると、関節の安定性が損なわれ、組織の変性が促進される可能性があります。過体重や肥満もリスクを高め、体重増加により関節軟骨に対するストレスが増し、炎症反応が促進されることが考えられます。

運動不足も変形性膝関節症の原因となります。適切な運動が不足すると、関節周囲の筋肉が弱くなり、関節にかかる負荷が増加します。関節の健康は運動によって維持され、不足が続くと変形性膝関節症の発症や進行に寄与する可能性があります。

関節の異常な形態や不安定性も変形性膝関節症のリスクを増加させます。例えば、変形性膝関節症では、脚軸の異常やO脚、X脚などが関節への負荷を増加させ、症状を引き起こす可能性があります。最後に、代謝異常も関与し、骨粗鬆症や関節リウマチなどが存在する場合、変形性膝関節症を引き起こす要因となることがあります。

総じて、変形性膝関節症は単一の原因ではなく、これらの要因が複合的に組み合わさって発症します。生活習慣の見直しや適切な治療を通じて、これらの要因に対処し、関節の健康を維持することが重要です。早期の診断と適切な管理が進行を抑制し、生活の質を向上させる鍵となります。

 

 

変形性膝関節症の治療法|稲毛区 稲毛にこぐさ鍼灸整骨院

稲毛区の「稲毛にこぐさ鍼灸整骨院」では、専門的かつ総合的な治療手法を組み合わせ、変形性膝関節症に起因する痛みや不快な症状の改善に焦点を当てています。治療メソッドには、「筋膜リリース」や「ハイボルテージ」、また「鍼」を活用し、「骨盤矯正」も含めた多岐にわたるアプローチを行い、患者が快適な日常生活を取り戻せるようサポートしています。

稲毛区の「稲毛にこぐさ鍼灸整骨院」では治療の信条として、症状の解消だけでなく、不調の根本原因を明確に追求し、それに基づいた適切な施術を提供することが挙げられます。早期の治療を重視し、患者が早く健康的な生活に戻れるように努めています。

 

特に、変形性膝関節症の初期段階では、「ももが張ってしまう・歩くと疲れる」などの症状が見られることがあります。これらの症状に対しては、稲毛区の「稲毛にこぐさ鍼灸整骨院」では身体の状態に合わせた「筋膜リリース」「ハイボルテージ」「鍼」などの持続的な治療が行われ、症状の軽減を促進します。

稲毛区の「稲毛にこぐさ鍼灸整骨院」では、根治治療として「骨盤矯正」にも力を入れており、変形性膝関節症が繰り返しの症状を引き起こすリスクを低減させるアプローチを行います。また、患者の私生活においても、普段から行えるストレッチ方法の指導を通じて、正しい姿勢や過ごし方の改善を促し、根本治療への積極的なアプローチを実現しています。

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:稲毛にこぐさ鍼灸整骨院
住所〒263-0051 千葉市稲毛区園生町382-25
最寄
◆JR:稲毛駅
◆モノレール:スポーツセンター駅

京成バス山王町行き、千葉センター行き、またはザ・クィーンズガーデン行きに乗車
「オーツーパーク」下車、バス停より直進150m。左手の青い建物。
駐車場:あり 4台(院の隣にございます。)
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
15:00〜
20:00
~17:00 -
定休日:祝日

【公式】稲毛にこぐさ鍼灸整骨院 公式SNSアカウント 稲毛にこぐさ鍼灸整骨院ではTwitter・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛にこぐさ鍼灸整骨院 公式SNSアカウント 稲毛にこぐさ鍼灸整骨院ではTwitter・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛にこぐさ鍼灸整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中