• カレンダーのアイコン ご予約はこちら
  • 電話のアイコン 043-306-9705

オスグッドによくある症状

  • 膝の下に腫れと痛みがある。

  • 膝の下を押すと痛みがある。

  • 運動中に痛みを強く感じる。

  • 膝の下に硬い膨らみがある。

オスグット病(オスグットシュラッター病)の主な症状は?|稲毛区 にこぐさ鍼灸整骨院

オスグット病(オスグットシュラッター病)は脛骨粗面に付着している膝蓋靭帯が引っ張られ脛骨粗面に剥離を起こすことで痛みが生じる疾患です。10代の成長期に多いことから成長痛と混同されやすいです。そのため、痛みに耐えたまま部活や体育の授業などに参加してしまうことが多く、発見が遅れることがあります。

 

主な症状

 

・膝の痛み:特に膝の前面、膝蓋骨(ひざの皿)の下にある脛骨(すねの骨)の隆起部(脛骨粗面)に痛みが集中します。

・腫れ:膝の前面に腫れが見られることがあります。

・圧痛:膝蓋骨の下を押すと痛みが感じられます。

・運動時の痛み:特にジャンプやランニングなどの活動時に痛みが増すことが多いです。

・骨の隆起:脛骨粗面が腫れ、触ると硬い隆起が感じられることがあります。

 

主な原因

 

・成長期の急速な骨成長:骨が急速に成長する一方で、筋肉や腱がその成長に追いつかないため、膝の下の脛骨粗面(膝蓋腱が付着する部分)に負担がかかります。

・繰り返しのストレスと摩擦:ジャンプやランニングなどの繰り返しの動作により、膝蓋腱が脛骨粗面に引っ張られ、炎症や痛みを引き起こします。

・運動活動の頻度と強度:サッカー、バスケットボール、バレーボールなどのスポーツは、膝に大きな負荷をかけるため、オスグッド・シュラッター病のリスクが高まります。

 

**さんにおすすめのメニュー Recommend Menu

オスグットシュラッター病の治療は?|稲毛区 にこぐさ鍼灸整骨院

・休息:痛みが引き起こされる活動(特にランニングやジャンプなどの高強度の運動)を避けることが重要です。これにより、膝にかかるストレスが軽減されます。

・アイシング:膝の痛みや炎症を軽減するために、痛む箇所を氷で冷やすことが有効です。1回のアイシングは約15~20分が目安です。特に運動後はアイシングをしましょう。

・ストレッチと筋力トレーニング:太ももの前部の筋肉(大腿四頭筋)をストレッチすることや、筋力を強化するトレーニングを行うことで、膝への負担を軽減できます。

・膝のサポート:膝にサポーターやテーピングを施すことで、膝を安定させ、痛みを軽減することができます。

・活動の調整:無理に痛みを我慢して運動を続けるのではなく、活動の頻度や強度を調整することが大切です。痛みが軽減してから徐々に活動強度をあげていきましょう。痛みがありながらの運動継続は再び痛みが強くなる可能性があるため、治療の継続とケアをしっかり行いながら活動することが大切です。

・LIPUS治療:LIPUSには骨癒合を4割早めてくれる効果があります。オスグットシュラッター病は膝蓋靭帯が脛骨粗面を引っ張ることで剥離を起こしている状態です。そのため患部に照射することで腫れ、痛みの軽減に効果的です。

 

オスグットシュラッター病は骨の成長が落ち着くとともに自然と痛みが改善することがほとんどです。

 

自宅でできる予防法

 

・ストレッチ:運動前後にはしっかりとストレッチを行い、筋肉や腱の柔軟性を保つことが予防に役立ちます。特に太ももと膝周りのストレッチを重点的に行いましょう。

・適切なウォーミングアップ:運動前には必ずウォーミングアップを行い、筋肉や関節を準備してから本格的な運動に入るようにします。

・適切な靴の選択:クッション性が高く、足に合った靴を選ぶことで、膝への衝撃を軽減できます。

・運動量の管理:過度な運動や急激な運動の増加は避け、運動量を適切に管理することが重要です。成長期の子供や若者は特に注意が必要です。

・休息の確保:過度なトレーニングを避け、適切な休息を取ることも大切です。痛みがある場合は無理をせず休むようにしましょう。

・フォームの改善:正しい運動フォームを習得し、膝に無理な負担がかからないようにすることが重要です。コーチやトレーナーから適切な指導を受けると良いでしょう。当院でもトレーナー経験豊富なスタッフがアドバイスさせていただきます。

よくある質問 FAQ

  • オスグットシュラッター病はどのくらいの期間続きますか?
    通常、数か月から1年程度で症状が改善します。成長が終わるとともに自然に治ることが多いです。
  • オスグットシュラッター病はスポーツを続けることはできますか?
    痛みがひどくない場合、軽減された活動や適度な運動を続けることができますが、痛みが強い場合は休息が必要です。
  • オスグットシュラッター病は再発しますか?
    成長が終わるまでは再発する可能性がありますが、成長が終われば再発することはほとんどありません。

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:稲毛にこぐさ鍼灸整骨院
住所〒263-0051 千葉市稲毛区園生町382-25
最寄
◆JR:稲毛駅
◆モノレール:スポーツセンター駅

京成バス山王町行き、千葉センター行き、またはザ・クィーンズガーデン行きに乗車
「オーツーパーク」下車、バス停より直進150m。左手の青い建物。
駐車場:あり 4台(院の隣にございます。)
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
15:00〜
20:00
~17:00 -
定休日:祝日

【公式】稲毛にこぐさ鍼灸整骨院 公式SNSアカウント 稲毛にこぐさ鍼灸整骨院ではTwitter・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛にこぐさ鍼灸整骨院 公式SNSアカウント 稲毛にこぐさ鍼灸整骨院ではTwitter・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛にこぐさ鍼灸整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中